2017年6月15日木曜日

室内機とカーテンレールとの干渉について・・・・

入梅したとたんに何だか寒い・・・
ゴールデンウィークが暑かったので衣替えついでに、
厚い羽毛布団をしまい、夏がけの薄い羽毛布団へ
取り替えたのに・・・・・
このところ薄がけの布団に毛布をかけて丁度いい感じ・・・
日差しが出ると流石に暑いのですが朝晩はホントに寒いくらい。

でも、長期予報を見たら今年は確実に「猛暑」!!!
毎年「熱中症」「脱水」で100%倒れる私(@@)
判っているんだけど、どうにもならん!
水分補給してるんだけど間に合っていないらしい・・
でもって今年は学習して予め「飲む点滴」を今から毎日飲んでいます(^^)
私が今はまっているのは「甘酒」!
米と糀だけで造られているもの。
酒粕とか塩とか入っていない生粋の「甘酒」。
美容にもよいとか・・・
皆さんもご賞味あれ♪

さて、久しぶりのブログの更新になりました。
お客様からもう少し更新頻度を上げて欲しいとのご要望があり、
出来るだけ頑張ります!が、この時期メールのお問い合わせも多く、
ご来社相談、現地下見等で工事人の顔を見るのも1週間に一度くらい(: :)
「お久しぶり~」って挨拶、なんだそれ?って感じです。
この時期は仕方無いです・・・・

では、ここから本題です。
下見の時に必ずお話しさせて頂くのが「カーテンレール」との干渉。
大概、室内機は窓の隣の壁に設置する事が多く、カーテンレールを
壁にどれくらい出していいのかわかりませんよね?

穴あけの位置によって変わります。
上記の写真のように室内機の横壁に穴あけを
する場合、穴と配管を隠す為の「室内コーナーカバー」が
必要になります。
通常のエアコンは幅が80cm程度のものが多く、室内コーナーカバーは
7cmあるのでエアコン設置スペースで87cmが必要になります。
90cmの壁に室内機を上記のように設置する場合は、
カーテンレールは3cm出せる計算になります。
 
この写真は室内機の左後ろに穴あけをして設置してます。
左側の壁の隙間は2cm~3cm程度です。
室内機の後ろに穴あけをする場合は室内機の幅80cmに
2cm程度の隙間を加えて計算します。
90cmの壁に対して82cmのエアコンスペースになるので、
カーテンレールの出し分は8cm取れます。
 
 

現在は室内機の幅、高さ、奥行きはメーカーによりバリエーションが多くなりました。
室内機の幅の一番小さいものは「富士通 ノクリア ZSシリーズ」、幅686mm。

高さの最も低い室内機は「パナソニック エオリア SXシリーズ」、高さ249mm。
窓上(カーテンレールの上)など高さが取れない場所にお勧めのエアコンです。

エアコンは効率の事を考えて適正な場所に設置したいものですが、
母屋下がりだったり、窓上のスペースしか確保出来なかったりで設置スペースに
制限が出てくるお家も沢山ございます。

エアコンの寸法とカーテンレールの干渉はとても重要になりますので、
エアコンを購入する前にご相談くださいね。

※湿気の多い日は脱水になりやすいそうです。
水分はこまめに取って、エアコン「除湿機能」を上手に使って、
熱中症にお気を付けくださいね(^^/






2017年5月25日木曜日

お申し込みのお客様へのお願いです。

急に暑くなって3日~4日続いたかと思ったら今日は雨で22度?。
何か湿気っぽくて、入梅も早いのかしら・・・・

5月が暑いと今夏は猛暑と言うデーターがあるらしい(><)

さて、5/25現在での予約状況ですが7月9日(日)まで埋まっております。
7月10日以降での受付になりますのでご了承くださいませm(__)m

それとお願いがございます。

誠に恐れ入りますが、
●他社様で設置された手直し工事をご希望のお客様
●今回の設置が2台目以降のお客様
上記のお客様につきましては9月以降での受付とさせて頂きます。

7月・8月にお引越し予定で新築で初めてエアコンを設置される
お客様を優先させて頂きます。

「熱中症」で命にかかわりますので皆様のご理解とご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

2017年4月25日火曜日

「お客様の声」 朝から泣きました・・・・

朝、出勤すると1枚のFAXが届いておりました。
先日エアコンとアンテナ工事をさせて頂いたお客様からでした。
 
読んでいるうちに胸が熱くなり涙がこぼれて来ました・・・・・
 
感激です!
社員にも感謝です!
本当にこの仕事をしていて良かった!
 
 
社員一人ひとりがプロの職人としてのプライドを持ち、
遣り甲斐と誇りを持っているからこそ出来る事です!
社員は私の誇りです!
 
これからも「サービス向上」「技術向上」のため
精進を重ねて参ります!
 
「情け他人のためにならず」・・・・です!
 
 
 

2017年4月22日土曜日

天井高とエアコンの容量・寸法に注意です!

先日は30度になり、また寒の戻りが・・・
何を着てよいのか・・・・(T・T)
花粉でクシャミをしている方、風邪を引いてクシャミを
している方、クシャミがあちらこちらから聞こえます^^

さて本日は午前中は青梅市のお客様の下見、
そして午後はご来社相談のお客様のご相談を
させて頂きました。

皆さん「POLUS」のお家、ご存知ですよね。
ポラスのお家は内装もお洒落で棚が標準で
造られたり、外構もレンガやタイル、植栽など
本当に素敵に建てられています。

個人的には大好きなお家で、下見に伺うのが
楽しみになります。

本日ご来社頂いたお客様は「朝霞市根岸台」の
ポラスの大型分譲地の戸建てをご購入された
お客様です。

8月完成で9月にお引き渡しとの事で盛夏の頃と
なりますので「エアコン・アンテナ工事」のご相談です。

ポラスのLDKは天井高2700が標準になります。
容積から換算してエアコンの容量を決めなくては
いけません。
エアコンは「天井高2400」が基準になります。

図面を拝見したところ、1FのLDKは天井高2700。
ただ、2Fの一部屋は天井高2400で勾配天井に
なっており、天井高2200の場所にエアコンを
設置予定となっておりました。

通常のエアコンは高さ30cmのものが多く、
天井高2200の壁に室内機を設置してしまうと、
室内機の下場が床から185cmのところになります。
低い位置へ設置しないといけない場合は、
室内機の高さは25cmタイプのものがお勧めです。

皆さん、参考にしてくださいね!
子供さんは幾つですか?何人?
家族構成のお話し・・

お仕事は?

エアコンの機種はね・・・

アンテナは・・・

室外機をここに設置するとお隣の玄関に
風が行くので、こちらの場所に設置した方が・・・・
「検査日」に下見にお伺いさせて頂きますので、
決まったら連絡してくださいね・・・
 
 
こんな感じでご相談させて頂いております。↑
 
今日ご来社頂きましたお客様は16年モデルのエアコンを
価格.comで早めに購入しておく事で予算が大分浮いたと
喜ばれました。


天井高により、エアコンの容量や寸法に注意が必要になります。

事前のご相談、大事です!!


今年の夏も猛暑かな(><)

2017年4月4日火曜日

4月の受付は終了いたしました。。

昨日の夕方の雷雨は凄かったですね!
事務所の真上に雷様がいました!!
やっと桜の花が開いて来た所なのに・・・

今日は打って変わって良い天気♪♪
花粉症の方には辛い季節ですが、
やっぱり春は気持ちいい(^^)

さて、毎年ゴールデンウィークの中ごろに、
30度を超える日があるのですが、
今年は同なんでしょうね??

今週20度を超える日があるような・・・

少しづつ気温も上がり暖房の出番も
無くなって来ましたね。

さて、4月は既にご予約が埋まり、
5月からの受付になっております。

ホームページの「スケジュール表」を
ご確認下さい。

今年の夏も猛暑なのかなあー・・・(--);

2017年3月22日水曜日

4月の土日のご予約は埋まりました。。。

3月20日の春分の日はお彼岸でお墓参りに行って来ました。
お天気も良くぽかぽか日和♪
お墓参りをすると何故か気持ちが晴れやかになります。
その代わり道は渋滞ばかりで、やっぱりみんなもお墓参りだったのでしょうか?

さて、春休みも重なりお問い合わせがかなり増えてきております。

ご予約も多く頂き、4月の土日につきましては既に埋まっております。
5月の連休はまだ空いております。

4月も平日はまだ余裕がございますのでご予約をお待ちしております(^^/

2017年3月8日水曜日

久々に激怒!!

朝晩の冷え込みはまだ厳しいものの、
晴れると日中は気持ちよいですね。

下見の現場に行くときもちょっとしたドライブ気分♪
春の訪れですね・・・

なんて浮かれていたら、ショックな施工報告写真が目に止まり、
「この工事!誰がやった!」と渇!!
ワナワナしながら犯人探しに取り掛かったのです。。。。
この現場に入った工事人を調べ・・・
工事内容を確認して・・・・
この時は頭に血が上って顔が熱い(><)
「帰ってきたらただじゃ置かない!」と息巻いておりました。

ってな訳でちょっとご覧ください。
最初の写真は普段通りの工事です。
途中からが問題!!



                   綺麗に設置してあるでしょ・・・・・

ドレン処理もOK!
カバーも綺麗

コンセントの処理もいいじゃない・・・^^
 








これも綺麗な工事でドレンの塩ビ管処理もキッチリしてる
いつもいい仕事してるね♪

このお部屋は室内コーナーカバーで
左横に穴あけして、コンセントもキッチリ処理して
見た目もスッキリ!
 
 
そして問題の写真が↓
何で何度も曲げる!?

はあ~!!??
何でそんなところに着地してカバーが途中なんだ??
 
汚いだろ(怒り!

境界ギリギリに設置したのはわかるけど、
この配管は絶対ありえない!!(怒り!

電線もだらしない!(怒り!



こんなレベルなのかよ!!(激怒!!
 
 
日中の話なので工事人は全員事務所にはおらず、「今日はみんな帰ってきたらただじゃ置かない!緊急ミーティングだ!」と私が凄い剣幕で激怒していると・・・・
 
しばらくしてHP担当が「社長!これうちの工事じゃ無いです!ハウスメーカーがやった工事です!
天カセのエアコンの室外機で天カセのエアコンはハウスメーカーが工事してます!!」と。
 
それを聞いた瞬間に安堵と共にへたり込みました。。。。。。。
 
良かった・・・と思いましたがお客様のことを考えるととても悲しい気持ちになりました。
室外機の上に横たわっている配管のテープは2~3年するとボロボロになるでしょう。
何と言っても見た目が・・・・。
 
ここのお客様はハウスメーカー工事分のエアコン1台と弊社のエアコン工事3台、
合計4台のエアコン設置をいたしました。
 
でも、知らない人は全部うちでやったんだろうな・・?って思いますよね!
違うのに~~!!
 
 
 
、